【結論】育毛剤4タイプを徹底比較。買うべきは血行促進タイプ!買うとヤバいのは…

こんにちは。遺伝ハゲと戦う洋平です。

突然ですが、みなさんは育毛剤ってどうやって選んでいますか?

価格、使用感ももちろん大切ですが、一番気になるのはやはり『効果』

髪生やしたくて育毛剤使うのだから、髪が生えてくれないと意味ありません。

髪が生えない育毛剤なんて、ポケットのないドラえもん並みに「何しにきたん?」という感じです。

ちゃんと効果が出る育毛剤を探していろいろ調べてみたところ、ある衝撃の育毛剤を発見しました。

その育毛剤、確実に髪が生えると評判の育毛剤なのですが…

副作用で『勃起不全』になるそうです

 

えっ…(’ω’;)キュッ

なんでそんなにヤバいもの普通に売ってるの!?

みんなそれでいいの!?股間より髪なの!?

 

怖くなった私は育毛剤の効果や副作用について徹底的に調べました…

さすがにそんなえげつない副作用がある育毛剤は、「ホルモンコントロールタイプ」というタイプの育毛剤だけでした(それでも結構な数の商品が売っているのですが)

しかし他にも、全然効果が出ない、買ったら損するような育毛剤の数々も発見!

そんな知っておかないと損をする「効く・効かない」「副作用がヤバい」育毛剤の数々をご紹介します。

育毛剤4タイプとは?

育毛剤には大きく分けて4種類のタイプに分けられます。

育毛剤が効くか効かないか、副作用のあるなしは、このタイプによるものです。

それぞれどんなタイプの育毛剤なのかをご説明します。

育毛剤のタイプ①ホルモンコントロールタイプ

ホルモンコントロールタイプの育毛剤は、『男性型脱毛症(AGA)』と呼ばれるタイプの脱毛に効く育毛剤です。

『男性型脱毛症(AGA)』は爆笑問題のCMで一気に知名度が上がったので、聞いたことがある人も多いと思います。

男性型脱毛症は、男性ホルモンの作用によって起こる脱毛症のことです。

男性ホルモンの1種である「テストステロン」という物質と、「5αリダクターゼ」という物質が、体内で特殊な化学反応を起こし、よりパワーアップした男性ホルモン、「デヒドロテストステロン」を生み出します。

「ピカチュウ」と「雷の石」で「ライチュウ」になるイメージです。

この「ライチュウ」=「デヒドロテストステロン」が増加すると、抜け毛が増え、薄毛・ハゲに繋がります。

男性ホルモンの「テストステロン」が関与して起こる脱毛のため、『男性型脱毛症(AGA)』と呼ばれているのです。

「テストステロン」(ピカチュウ)と「5αリダクターゼ」(雷の石)、どちらかが無ければAGAは改善できます。

しかし「テストステロン」は体内で筋肉の増強や性欲に関係する、無くてはならないホルモンです。

そこで、ホルモンコントロールタイプの育毛剤は、「5αリダクターゼ」(雷の石)の分泌を抑える働きによって、脱毛を抑えています。¥

育毛剤のタイプ②血行促進タイプ

血行促進タイプの育毛剤は、毛髪に栄養をとどける「毛細血管」の血行をよくする育毛剤です。

植物が育つには水と肥料が必要なのと同じように、毛髪の成長には栄養が欠かせません。

毛髪に必要な成長を運んでくるのは、「血液」です。

頭皮には、栄養を運ぶ血液が流れる「毛細血管」が張り巡らされています。

しかし、運動不足などの生活習慣の乱れや食生活の影響で、頭皮の血行が悪くなり、髪に栄養が届かないことがあるのです。

血行促進タイプの育毛剤は、毛細血管を拡張して血液の循環をよくすることができます。

血行が良くなることで、髪に必要な栄養が十分届き、毛髪の成長に貢献する育毛剤が、血行促進タイプの育毛剤です。

 

育毛剤のタイプ③栄養補給タイプ

栄養補給タイプの育毛剤は、髪の毛の成長に効果的な成分を、直接届けるタイプの育毛剤です。

血行促進タイプの育毛剤が血液から栄養を届けるのと違い、栄養補給タイプは育毛剤に配合した栄養成分を、髪の根元に直接届けます。

届けられる栄養成分の種類も違います。

血行促進タイプで髪の毛に届くのは、本来毛髪に届くべき基本的な成分で、食べ物でいうところの炭水化物、たんぱく質、ビタミン類などの必須栄養素です。

一方、栄養補給タイプで届くのは、フォアグラやキャビアなどの、無くてもいいけどあると嬉しい高級食材のイメージになります。

普段は髪の毛の周りに存在しない高級食材のような成分を与えることで、より強く、早く髪の毛を育てるのが狙いです。

育毛剤のタイプ④細胞活性化タイプ

髪の毛は頭皮の中にある『毛母細胞』という細胞で作られます。

この毛母細胞の働きを活性化するのが、細胞活性化タイプの育毛剤です。

毛母細胞が活性化すると、毛母細胞で髪の毛が作られるスピードが早くなり、作られる髪の毛も強く、太く、丈夫な毛になっていきます。

 

買ってはいけない育毛剤タイプ

4タイプの育毛剤がありますが、この中には、使用を避けるべき、ヤバい育毛剤も含まれています…

それぞれの育毛剤の「効果」と「副作用」を考えて選定していくと、もっとも危険な育毛剤は副作用の強い『ホルモンコントロールタイプ』の育毛剤です。

さらに、『栄養補給タイプ』と『細胞活性化タイプ』の育毛剤は、実はなかなか実感できる人が少ない、効果が乏しい育毛剤と言えます。

『血行促進タイプ』の育毛剤なら、副作用の心配もなく効果が高いので、強くおすすめできる育毛剤です!

副作用が厳しい育毛剤

「ホルモンコントロールタイプ」の育毛剤は、はっきり言って一番効果的な育毛剤です。

しかし同時に、副作用が一番危ない育毛剤でもあります。

ホルモンコントロールタイプの育毛剤は、脱毛の原因である「デヒドロテストステロン」の分泌を抑える働きがあります。

しかし、「デヒドロテストステロン」は男性ホルモンの一種でもあるので、その分泌を抑えた結果、男性機能へ障害が起こるという副作用が発生するのです。

具体的に言ってしまうと『精力減退』や『勃起不全』などの副作用が、なんと1%近くの割合で起こるといわれています。

1%と言えば100人に1人。ジャンボ宝くじで3000円を当てる確率です。

宝くじを買ったことがある人は、普通に当てたことがあるのではないでしょうか?

別にモテるために髪を増やしたいわけではありませんが、髪と引き換えに男のプライドを失うのはいかがなものでしょうか?

そんな恐ろしい副作用があるために、AGAのCMは「お医者さんに、相談だ♪」で締められているいるわけです。

 

効果が乏しい育毛剤

さらに、効果の面でいまひとつおすすめできないのは、「栄養補給タイプ」と「細胞活性化」タイプの育毛剤です。

どちらのアイテムも、『髪に効く特別な成分で髪を生やす』というコンセプトの育毛剤と言えます。

しかし、いくら特別な肥料を与えたり、病気に強い丈夫な苗を植えても、水をあげなければ作物は育ちません。

同じように、そもそも頭皮の血行が悪くて基本的な栄養が足りないと、いくら高価な成分を塗布しても意味がありません。

健康食品にハマる女性にありがちな、甘いものばかり食べて、野菜・果物・肉などをバランスよく食べないまま、ミドリムシやチアシードのようなスーパーフードを頼るようなイメージです。

たしかにスーパーフードで少し健康になれるかもしれませんが、普通に健康的なバランスのいい食生活を送る方が、体にも財布にも優しいです。

さらに髪の場合、頭皮が荒れていたり毛穴が詰まっていたりすれば、せっかくの成分も頭皮に届いてくれないので、「塗り損」ということもありえます。

選ぶべきは『血行促進タイプ』

一方で、血流促進タイプの育毛剤や、頭皮のマッサージなどで血行を良くしてあげると、それだけで抜け毛が抑えられることはよくあります。

そのため、育毛のファーストステップとしては、頭皮の環境を正常な状態に整える、『血流促進タイプ』がおすすめです。

『栄養補給タイプ』と『細胞活性化タイプ』の育毛剤は、血行がよく、健康的な頭皮環境を整えてからのセカンドステップとして考えましょう。

『ホルモンコントロールタイプ』の育毛剤は…本当に最後の手段です。

覚悟ができた上で手を出しましょう。

 

買うべき血行促進タイプの育毛剤2選

血行促進タイプの中でも、とくに豊富な成分が入っている、人気の育毛アイテムを2選ご紹介します。

1つは成分数が業界最大級の本格育毛剤『チャップアップ』です。

高価な点が悩ましくはありますが、頭皮ケア成分の豊富さは群を抜いています。

もう1つは育毛剤ではなく、シャンプーから頭皮ケアを取り入れられる『シムフォートシャンプー』です。

『チャップアップ』と同様の高機能成分を配合しつつ、濃密な炭酸泡が頭皮の結構をさらに促進するアイテムで、価格も安価なのが魅力的です。

血行促進タイプ育毛リキッド『チャップアップ』

『チャップアップ』は頭皮ケア・育毛サポート成分を44種類も配合した豊富な成分が魅力の育毛剤です。

血行促進が目的の成分だけでも12種類の成分が配合されているほか、頭皮の硬化、皮脂の分泌などにも効果的な成分を含み、さまざまな角度から頭皮環境を改善するアプローチができます。

中でも配合されている「センブリエキス」は血行促進効果が高く、『脱毛症に塗布すると80%の効果がある』と学会でも報告されている信頼性の高い成分です。

様々な成分が配合されているため、価格が1本7400円と高価なのが唯一の難点ですが、もっとも信頼に値する、効果的な育毛剤です。

 

血行促進タイプスカルプシャンプー『シムフォート』

「チャップアップが高価すぎて買う気になれない」

「そこまで酷いハゲではないので、育毛剤に頼りたくない」

という人におすすめなのが『シムフォートシャンプー』です。

チャップアップと同じく、注目成分『センブリエキス』をはじめ、血行を促進する成分が配合されています。

配合されている有効成分は7種類と、チャップアップに比べると数は劣りますが、シンフォートにはシャンプーならではの『炭酸配合』という強みがあります。

シムフォートシャンプーには8000ppmという高濃度の炭酸が配合されており、ミクロのきめ細かい泡が発生して、毛穴の奥まで汚れをごっそり綺麗にしてくれるのです。

炭酸泡洗浄の効果で綺麗になった頭皮や毛穴には有効成分が届きやすく、成分の効果をムダなく発揮できる点がシンフォートシャンプーの強みです。

よく、ハンドソープや洗濯洗剤、女性の洗顔料等は『泡』が重視されますが、シャンプーでもそれは同じと言えます。

『シムフォートシャンプー』は、濃密な炭酸泡と有効成分のダブル効果で頭皮の結構を効率よく向上させてくれるシャンプーなのです。

価格はなんと1980円から。育毛剤と異なりあくまでシャンプーなので、手ごろな価格ではじめられる点も魅力です。

 

まとめ

育毛剤にどんな種類があるのかをいろいろ調べてみたところ、「精力減退」「勃起不全」という恐ろしい副作用が高い確率で起こるものや、効果が乏しい育毛剤が多々あることがわかりました…調べておいてよかった!!

数ある育毛剤のなかでも、『血行促進タイプ』の育毛剤は、髪の毛が育つ頭皮環境を正常にしてくれるので、効果を感じやすくおすすめの育毛剤タイプです。

『血行促進タイプ』の育毛剤の中でも、おすすめは

  • 44種類もの豊富な成分が魅力の『チャップアップ』
  • 濃密な炭酸泡で効率的に成分を活かせる『シムフォートシャンプー』

の2アイテムです。

このアイテムなら効果も高く、副作用の心配もなく、安心して使えます!

男を捨てるのは、最後の手段に取っておきましょう!!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

シムフォートの激安はどこ?最安値をアマゾンと楽天で調査!

NO IMAGE

シムフォートは女性でも効果ある?女性利用者の口コミまとめ

NO IMAGE

【詐欺!?】炭酸シャンプーには育毛効果がないらしい。なぜ?

NO IMAGE

スカルプシャンプーの落とし穴。選んではいけない生えないスカルプシャンプーとは?

NO IMAGE

シムフォート販売店・取扱店一覧!シンフォートはココで買えます!